悩みタイトル

不眠症と言っても様々なものがあります。
入眠障害
睡眠に入ることが難しいものになっています。なかなか寝付けずにいる方もいらっしゃいます
中途覚醒
寝ている間に目が覚める事を指します。いきなり目がバチーンと醒めたりもします
早期覚醒
希望とする時間の何時間も早く起きてしまう事を指します
熟眠障害
長時間寝ても疲れが取れている感じがしないです
寝相の悪い
寝ている間脳は無意識に身体を動かすことがあり、それが激しい物となると疲労が蓄積してしまいます。

不眠症に対する当院の考え

そもそも不眠症はなんでしょう。不眠症は生活リズムに置いて睡眠を著しく低下させてしまう事になります。なので、当院ではクオリティーオブライフ(QOL)を低下させてしまい生きがいを失うものと考えております。睡眠は人生の三分の一を睡眠になりますが、それが阻害されると身体の機能は著しく低下してしまいます。皆さんも嫌じゃあありませんか?人生の三分の一が少量でも削れてしまうのは、嫌じゃあありませんか?眠すぎて目の前の仕事が手つかずになってしまうのは、正直私はごめん被りたいですね。
あまり知られていませんが5人に1人は睡眠障害に悩まされていると言われています。大体の方が20~30代の方が多くなっておりその中でも中途覚醒が多い物とされています。

なぜ不眠症になるのか、その原因

では、何故睡眠障害に陥ってしまうのか原因は様様に存在します。
1:生理的原因
睡眠を妨げる要因が物理的に存在することによって睡眠障害は発生します。例を挙げるなら、海外旅行に行って帰国した場合による時差ボケ、昼夜逆転の生活を行なっていると睡眠障害になり易くなります。また、寝る前のスマートフォンのチェックもブルーライトによって入眠障害が発生します。
2:体内定要因
身体の病気によって引き起こされる不眠・痒み・痛み・頻尿・年齢によって引き起こされる不眠症も存在しています。
3:心的原因
何かのストレスが原因で発生する。不眠。悩み・イライラ・極度の緊張これが原因で不眠が発生する可能性が十分に考えられます。
4:薬物的原因
アルコール・ニコチン・カフェインの過剰摂、取薬の副作用これらの状況が続いて不眠症に陥ってしまうのです。

不眠症の軽減方法

不眠の対策方法として主な物が以下になります。
1:朝、起きたら太陽を浴びる
太陽光を浴びことによって体内時計がリセットされて自然に眠くなるように睡眠のメカリズムが改善します。
2:夕方以降の激しい運動を行わない
寝る時間帯になっても身体の興奮状態が続いてしまって、目が冴えて入眠が困難になり易くなってしまいます。
3:寝る前にカフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶)を摂取しないようにする。
上記の飲み物にはカフェインが多く含まれており覚醒作用があるので、寝つきが悪くなるだけでなく睡眠の質低下にもつながります
4:テレビ、スマホは寝る1時間前まで
ブルーライトによる脳の刺激によって入眠しにくくなります
5:禁煙
タバコに含まれているニコチンには、カフェインと同じの覚醒作用が発生してしまい入眠障害の物となります。

当院オススメの軽減メニュー

不眠への対処方法としては以下のものがありあます
全身矯正
全身の骨格を整えることにより浅い所より深部の筋肉が緩みとどこうってしまいがちな血流も改善することが可能となります。そうすることによって、体がリラックスして自律神経が整い入眠しやすくなります。
もう一つの方法としては全調整鍼が不眠を解消してくれます。そもそも不眠はどの像が悪くなるのかというと『心』になります。心は循環をつかさどるものとなっていますので、そこの増を改善することにより新の巡りは改善することになります。これにより、身体がリラックスして身体が良くなりやすくなります。この不眠症は骨格的アプローチと内臓的アプローチよるダブルアタックが可能となります。

施術頻度はどのくらいか

放置したり、治療回数が少なかったりすれば、癖になってしまったり障害を残す可能性があります。たかが不眠症、されど不眠症将来後悔しない為に、怪我をしたときは来れる回数治療の時間をつくれることをおすすめします。ですが、私達は不眠症の症状を一発で治療できるほどの力はありませんそれが出来るのは神様位です。なので、根気強く不眠症と戦いましょう。